NOSAI東備ホームページ 画面の拡大 画面の縮小 標準に戻す
ホーム > 家畜共済
 

家畜共済に加入できるのは

牛、馬、豚が加入できます。

牛の場合、飼養目的が乳用か肉用かで家畜の種類が、また月齢により共済目的が定められています。
加入時に、次の表に該当する共済目的で加入していただくようになります。

家畜の種類 共済目的 加入資格
乳牛の雌等 乳用成牛 成乳牛 出生後第13月の末日を経過した乳用牛
育成乳牛 出生後第5月の末日を経過し、第13月の末日を経過しない乳用牛
乳用子牛等 子牛 乳用牛から出生後第5月の末日を経過しない子牛
胎児 共済掛金期間中に胎齢240日に達する可能性のある乳牛の胎児
肉用牛等 肥育用成牛 出生後第5月の末日を経過した肥育牛
肥育用子牛 出生後第5月の末日を経過しない肥育子牛

その他の肉用成牛 出生後第5月の末日を経過した肉用牛
その他の
肉用子牛等
子牛 出生後第5月の末日を経過しない肉用牛
胎児 共済掛金期間中に胎齢240日に達する可能性のある肉用牛の胎児
一般馬 一般馬 明け1歳以上の一般馬
種豚 種豚 生後6か月以上の種豚
肉豚 肉豚 生後30日以上の肉豚

補償期間中に家畜が成育し、月齢の範囲が変わっても補償期間中は共済目的を変更できません。
「乳牛の雌等」の場合、乳牛の雄子牛・乳用種以外の子牛は出生後6ヶ月で加入資格がなくなります。

補償期間と包括共済について

補償期間(共済掛金期間)は、1年間です。

補償期間中に飼養される家畜を全て補償するため、全頭の加入が条件となります。これを包括共済といいます。補償期間中に購入された家畜、補償期間中に加入資格月齢に達した家畜も補償の対象となります。

家畜の異動について

包括共済では、家畜の棟数が増減すれば補償割合が変わります。このためNOSAIは常に家畜共済に付されている家畜の現状を正確に把握し、引受台帳に登録しておく必要があります。

加入者の皆様には、家畜の異動について農業共済組合等へ通知する通知義務があります。(法第113条の2)通知していただく異動は次のとおりです。

・家畜を購入したとき
・家畜を売却したとき
・子牛が生まれたとき
・妊娠が確定したとき(子牛に加入されている場合)
・加入できる月齢(6ヶ月)になったとき(子牛に加入されていない場合)

重要!
※異動の通知が正しくされていないと、共済金が支払えなかったり減額される場合があります。

 
 
△ページトップ